第四章 星の名も知らずに

黎明へ至る青

第38話 再出発

見渡す限りどこまでも広がる砂漠は、以前ウルティアで見下ろした海にどことなく似ている。 遮るもののない一面の砂に、足元で影が長く伸びる。風が吹きつければ砂が白く巻き上がり、背後で防砂林がざわざわと揺れる。 定まらない地平線の果てに丸い月が...
タイトルとURLをコピーしました