村田沙耶香「丸の内魔法少女ミラクリーナ」感想

星月光です。

村田沙耶香氏の短編集「丸の内魔法少女ミラクリーナ」を読みました。

丸の内魔法少女ミラクリーナ | 村田 沙耶香 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで村田 沙耶香の丸の内魔法少女ミラクリーナ。アマゾンならポイント還元本が多数。村田 沙耶香作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また丸の内魔法少女ミラクリーナもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

かわいい装丁の「丸の内魔法少女ミラクリーナ」。どの話も後味が悪くないので、村田沙耶香作品に初めて触れる人にもおすすめです。

あらすじ

単調でストレスフルな日々をキュートな妄想で脚色して何が悪い!
さまざまな世界との対峙の仕方を描く、衝撃の短編集!
村田沙耶香ワールドの神髄を堪能できる4篇を収録。

amazonより引用

丸の内魔法少女ミラクリーナ

表題作。小学生から始めた魔法少女ごっこを36歳になった今でも続けている主人公。

ひょんなことから、かつて魔法少女としてともに戦った友人……ではなく、そのモラハラ彼氏と魔法少女ごっこをするはめになります。

主人公は痛い子というわけでなく、ぶっ飛んではいますが社会常識を備えています。「全員残業で死ね」と思うよりは、ストレスフルな毎日をキュートな妄想で彩って乗り切るほうが健全な気がします。

「魔法少女になりなさいよ!」という主人公の無茶振りにモラハラ彼氏が応じるのは笑いました。意外と悪い奴じゃないのでは、このままいい奴になれるのでは、と思わされてしまったが、人間の本性はそうそう変わらないですね。

自分が善人のつもりで正義の鉄槌を下すのが快感になってる人っていますよね。

タイトルで「地球星人」のような展開になるかと予想していましたが、平和に終わりました。

秘密の花園

小学生のときの初恋の幻想を砕くために、初恋の相手(クズ)を監禁する話。

4編の中で一番村田ワールドを感じました。でも後味はそんなに悪くない。

この男がモテているというのが不思議でなりません。いくら顔がよくてもね……しかも小学生のときと違い、今はお肌が荒れているらしい。

無性教室

男女の性別が禁止されている学校に通う高校生の三角関係。

グノーシアでいう汎ですね。

汎は恋愛をしないようですが、この世界では性別がなくなっても恋をするようです。

最後までセナの性別が明かされないのも、恋愛をするのに時として性別の壁は邪魔になるということかもしれません。

変容

怒りの感情がなくなった世界と、世界についていけず「怒り」を抱えたままの主人公。

怒りの共有で気持ちよくなっている主人公に、ネットの風潮を垣間見ました。

変容できないエクスタシー五十川がなんとなくまともに見えてきます。

まみまぬんでら。

タイトルとURLをコピーしました